Loading

国税庁 相続税の申告要否判定

国税庁ウェブサイトでは、簡単な8個の質問の答えを「赤矢印マーク」に入力するだけで相続税の申告の要否のおおまかなイメージがつかめる「申告要否の簡易判定シート」を公開しています。「相続税のあらまし」とあわせてご覧頂くと相続税全体のイメージもつかめます。

10分ほどの「動画」でも相続税の申告おおよその要否の判定について優しく紹介しています。動画をご覧頂きながら「国税庁ウェブサイト 相続税」▶︎「相続税の申告のおおよその要否を判定」▶︎「相続税の要否判定コーナー」で相続財産の金額などを入力することにより、相続税申告のおおよその要否が判定できます。

 

 

 

 

 

 

「相続税の申告要否判定コーナー」の税額計算シミュレーションについては、「相続した事業の用や居住の用の宅地等の価額の特例(小規模宅地等の特例)」特定居住用宅地等に限定しているほか、配偶者の税額の軽減(配偶者控除)についても、相続人の構成が限定された場合のみに対応したものであるなど、一定の条件を置いた上で試算を可能としているもので、あくまで税額の目安を示すものであり、正確な税額計算等を目的としていません。

また、税額計算においては、「相続税額の2割加算」以外の税額控除(①贈与財産の加算と税額控除(暦年課税)②未成年者の税額控除③障害者の税額控除④相次相続控除⑤外国税額控除⑥相続時精算課税分の贈与税額控除⑦医療法人持分税額控除)等は考慮しておりません。【出所:国税庁ウェブサイトより抜粋引用】

そのため、正確な相続税申告の要否をご希望の方は、当事務所の「お問合せフォーム」からお気軽にご連絡ください。

PAGE TOP